足汗の臭いの解消方法

足汗の臭いの解消方法について

一日中靴を履いていると靴の中が蒸れたりして足汗をかくことがありますが、この足汗の原因は自律神経の乱れとも言われています。
もちろんこの他にも原因とされることは色々なことがありますが、その原因が何にせよ足汗をかくと気持ちの良いものではなく臭いまで発するとまわりの目まで気にしなければならなくなるので、足汗の臭いを解消する方法について1つずつ見ていきます。

 

まず1つ目は、仕事用の靴は最低2足は持っておくということです。
同じ靴を2日以上連続で履くと、足汗で蒸れた靴をまた履いているということになるため、雑菌の繁殖にも繋がってしまいます。また、雑菌が繁殖すると汗と混ざって嫌な臭いを発するため、足汗だけの問題ではなくなってきてしまいます。
ですから、1日履いた靴はベランダなどに置いて通気を良くして蒸れを取っておき、その間はもう1足を履いていくなどという工夫をすることで足汗の臭いの解消にも繋がっていきます。

 

そして2つ目は、足をきれいに洗うということです。
お風呂に入る際に体を洗いますが、足は意外と適当に洗いがちなので注意しておかなければなりません。ただ足の甲と足の裏をサッと洗うのではなく、足の指1本1本とその間、そして指と爪の間までも丁寧に洗うことで一日の汚れを落とすことができ、足を清潔に保つことができます。
そしてやはり足汗の臭いの解消に繋がっていくのです。また、足を洗っあとはきれいに洗い流すことも忘れないようにしてください。

 

そして3つ目は、足の爪はこまめに切っておくということです。
足の爪が伸びていると爪の間に垢がたまり、それが足汗と混ざることで嫌な臭いを発するため、常に爪を短く切っておくということは大切だと言えます。
特に女性はペディキュアをしていると爪が伸びていることに気付かなかったり、故意に爪を伸ばしたりしているという人もいるので、足汗の臭いが気になるという人は爪を短く清潔にしておくことをおすすめします。

 

そして4つ目は、消臭剤や制汗剤を使うということです。
日頃から足汗に気をつかっていたとしても夏場などはどうしても蒸れて嫌な臭いを発しやすくなるため、そういう時は消臭剤や制汗剤の力を借りることも大切になってきます。今はスプレータイプのものだけではなく、足汗専用のクリームタイプのものなど様々なものが売られているため、使用方法をよく読んでから使うと効果的だと言えます。
また、これらを使用する時は足を清潔な状態で使用した方がより効果が高いとされているので、まずは足をきれいに洗ったり拭いたりしてきちんと乾かしてから使うことをおすすめします。
このように、足汗の臭いを解消させるためには様々な方法があるので、足汗の臭いが気になるという人は是非試してみてください。